トップ > 臨床研究支援サービス > 選ばれる理由

臨床研究支援サービス

  • サービス内容
  • 選ばれる理由
サービスに関するご質問などお気軽にお問い合わせください mailto:info@densuke.jp

選ばれる理由

当社は臨床開発分野における市販後の治験領域へのデータマネジメント、統計解析業務を中心にサービス行っていましたが、2013年に「臨床研究支援室」を発足し、モニタリングからデータマネジメント、統計解析まで一連の業務を支援できる体制を構築しました。直近2年間においては、臨床研究領域で20数試験を支援し、着実に実績を積み重ねています。

サービスの特徴

(1)オンコロジー領域における豊富な支援実績

現在受託中の試験のうち、約3割がオンコロジー領域の臨床研究です。試験の開始段階から支援し、事務局業務、データマネジメント、モニタリングから統計解析まで一連の業務をワンストップで行っています。


(2)「医師主導治験」「先進医療B」における豊富な支援実績

「臨床研究の中でもより高いエビデンスレベルが求められる「先進医療B(第3項先進医療)にも積極的に取り組んでおり、豊富な実績を有しています。また、「医師主導治験」の支援も行っています。


(3)多種多様なご要望に対応可能

前向きな介入・観察研究だけではなく、各種医療データを活用したレジストリ研究においても実績を積み重ねています。また、数千例規模の大規模試験から、単施設で実施する小規模試験まで、幅広い対応が可能です。また業務の一括受託から部分受託まで、ご要望に応じてご対応します。

お客様からの声

  • 数十の多施設が参加する研究であったが、試験終了からデータ固定までの期間を非常にスピーディーに進めてくれたので、余裕を持って論文作成に取り組む事が出来た。
  • 統計相談やプロトコルレビューなど、リソースが足りない業務を適宜サポートしてくれ、助かっている。
  • 自社施設で事務局対応していた時は症例集積計画に対して遅れが生じていたが、事務局・DM業務を委託をしてからエントリーが急速に増え、計画を達成する事が出来た。とても感謝している。

受託スケジュール例

受託スケジュール例